宿場探訪サイクリング

主に東日本の街道沿いの宿場を探訪し、浮世絵に描かれた地点探しもしています。ロードバイクでトロトロとうろついて写真を撮っています。

B.B.Base展示会に行ったが心配あり

■内房コース 8400円 両国⇒ 館山⇒ 和田浦        館山⇒ 両国 
         7:39  9:55  10:50         17:10 19:38
■外房コース 8500円 両国⇒ 勝浦             勝浦⇒ 両国 
         7:39  9:50              17:43  19:38
■銚子コース 7100円 両国⇒ 松尾⇒ 干潟⇒ 銚子     銚子⇒ 両国 
         8:12  9:37  10:13  11:01     16:58 19:29
■佐原コース 6500円 両国⇒ 佐原             佐原⇒ 両国 
         8:12  9:42              17:32 19:29
 サイクリストへの配慮をしてくれたJR東日本千葉支社には感謝するが、県内総武線沿線のサイクリストは、とにかく両国へ行かないと乗れないし、両国まで行かないと降りられないのでメリットはあまり無い。県外の東京宿泊の人はホテルの朝食をキャンセルして両国駅に来ることになるだろうし、結局両国駅周辺住民か両国にあるホテル利用者にとってありがたいだけだ、なんてことにならないように改善を求めたい。アイディアは120%すばらしいが、アイディア倒れでは困る。半年経ったら右肩下がりにならないように。

  
チケットを見せれば改札口を通過できて、自転車をホームに持ち込めて、市川駅・船橋駅・津田沼駅・千葉駅のいくつかで途中乗車や下車できるとか、もう一工夫をしないと皆がっかりしてリピーターは期待できないと思う。

 
 とてもすばらしい試みをもう一歩踏み込んで、より便利なものにできればJR東日本以外でも同様なサービスで活気を帯びるのではないかと思う。

   通勤時でもX号車は輪行袋を置きやすいスペースがたくさんあるとか、平日に輪行したい人は大勢いるし、輪行する人が少なくても、外国人旅行客の大きなスーツケースの置き場所にもなるし、ベビーカーもおきやすい。片側6扉のことを思えば、中途半端に簡易座席を用意するより、荷物置き場に徹した方がいいと思う。


 こまめに拾って、こまめに降ろす必要があることは目に見えている。


また、パック旅行扱いでなく、フリー購入にしないと続かないと思うのだが・・・
もともと3ヶ月限定運行だが、気楽に利用できる息の長いイベントにしてほしいものだ。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。