宿場探訪サイクリング

主に東日本の街道沿いの宿場を探訪し、浮世絵に描かれた地点探しもしています。ロードバイクでトロトロとうろついて写真を撮っています。

中山道塩尻宿⇒落合宿の 起伏        2017.4.19

 ↓塩尻駅↓           本山宿↓                   民宿↓
   ↓塩尻宿    ↓洗馬宿        贄川宿↓   奈良井宿↓  鳥居TN↓

 探し物をしながら走っているので、スピードは 15km/h そこそこだが、贄川から先は頻繁に歩いている。何のプライドもなく堂々と自転車の押し歩きをする。すでに足がつっていてしばしば休んでいた。それにして塩尻から鳥居峠までだらだらと坂を上っている。
そんな中に急な上り坂があり、登坂車線も時々ある。奈良井宿からはずっと歩き続た。
斜度: -10.8~14.8% 、最高速度: 32 km/h 、上昇高度:681m 、下降高度:364m


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


      ↓上松第二TN               ホテル↓
      (上松宿)     須原宿↓    野尻宿↓

 民宿から5 km でバッテリー切れをおこしたことに気づいたのが上松宿あたりで、急遽非常用GPSに切り替えたものの、前半1/2近くのデータが欠損になってしまった。
上松TN出口まですでに200m以上下ってきている。さらに、須原宿まで下り基調が続いている。最後の下り坂途中に野尻宿があり、ダム湖から上ってホテルに到着。前日同様スピードは 20km/h 以下で進んでいる。
斜度: -???~???% 、最高速度: 30 km/h 、上昇高度:245+α m 、下降高度:482+α m


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  ↓ホテル         妻籠宿↓          馬籠宿↓    中津川駅前ホテル↓
     三留野宿↓              馬籠峠↓     落合宿↓

 妻籠入口交差点から上り坂が続き、馬籠峠までほとんど歩いている。下りも 30km/h に押さえている。この峠を足つきなしで上り、70km/h で下るというプロだかレーサーだか単なる猛者だかがいるが、まねできないというか挑戦する気もない。
斜度: -15.4~14.6% 、最高速度: 35 km/h 、上昇高度:768m 、下降高度:959m


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 こうして見ると塩尻から鳥居峠までずっと上り坂で、自転車漕ぐのが重くてどこか不調かなと感じたのも無理も無い。何度も足がつって、1日目の夜iに民宿でのた打ち回った。鳥居峠から三留野宿まで基本下り坂は調べどおり、ここから馬籠峠のきつさは想定外。峠を越えれば基本下り坂。大きな峠は2つだが、小さな峠を含めると5箇所以上あったように思う。とにかく上り下りが激しい。
塩尻の標高を高く思い込んでいたことがすべてに狂いが出たのかもしれない。


 R19が木曽高速と呼ばれるわけを身をもって体験した。また、途切れ途切れの歩道やトンネルの歩道の状況もよくわかった。車道を走るのはプロ・レーサー・猛者に任せればいい。


 何かを見つけたら停まる。撮りたければ撮る。歩きたければ歩く。疲れたら休む。
  ゆったり のんびりで サイクリングを 楽しもう。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。