宿場探訪サイクリング

主に東日本の街道沿いの宿場を探訪し、浮世絵に描かれた地点探しもしています。ロードバイクでトロトロとうろついて写真を撮っています。

中山道4日目(終)中津川⇒自宅へ      2017.4.15

 6時半に駅前を散歩した。10時の電車までたっぷり時間がある。駅舎で何気なく時刻表を見ると7:40発松本行きがあった。塩尻まで3時間近く掛かるので、午前中に塩尻に着けばゆっくりできるかなと、ホテルに戻って帰り仕度を始めた。


 ワンマンの2両編成各駅停車だ。ボックス席に座って通路に荷物を置いた。通学客や旅行客が増えた。降りる客は運転席すぐ後ろのドアから下りるので、うしろの車両から通路を歩いて前方へ移動する。荷物が邪魔だろうと連結部横のベンチシートに移動して外を眺めた。中津川近辺は桜が満開で綺麗なのに、すぐにちらほら咲きになる。塩尻まで桜の花を見ることはなかった。鉄道に沿って続く道は自転車で走ったときのことを思い出させる。
 南木曽駅・奈良井駅は宿場散策の起点になるからか、旅行客の下車が多い。木曽福島駅は主に通勤通学客の乗り降りが多い。塩尻で途中下車して特急指定席券を買ってから喫茶店でコーヒーを飲みながらゆっくり休んだ。このころ各駅停車高尾行きが発車している。「あずさ」には抜かれないのでこれもよかったかな。飲み食いは気が引けるが。ホームに出ると肌寒く小雨が降っていた。


 この雨は富士見までだがすっきりとは晴れない。大月から八王子までまた雨だ。桜は笹子から八王子まで満開だが、小金井では葉桜になっている。今年は東京と岐阜が同日(3月31日)開花で、桜前線は東京から西へ甲府まで移動、岐阜から東へ中津川まで移動している様子が良くわかった。4月下旬塩尻で同時到着なのだろうか。また車内販売がきた。なんと行きと同じ人物だった。
 船橋は薄曇り。人通りの少ない・・駅で自転車を組み立ててのんびり帰った。自宅はとても落ち着く。達成感・充実感に浸りながらゴロッとした。

 皇女和宮はもの凄くタフな女性だったんだなぁ~~~。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。